パート・アルバイトで収入を得ていても予期せぬ事で入用になるということは多々あります。しかもそれば急を要する場合がほとんどです。

 

  • 家族が怪我や病気で入院した
  • 結婚式がある
  • 葬式がある
  • 今どうしても欲しいものがある

etc・・・そんな時に便利なのが無担保で借り入れるカードローンです。パート・アルバイトでも安定した収入があれば申込可能です。しかし審査に通るとは限りません。収入が少ないだけにしっかりと審査してくれる業者に申込まなければなりません。

銀行の保証会社を務める大手消費者金融なら審査能力も抜群なのでパート・アルバイトでもしっかり審査してくれますし、無利息サービス(プロミス・アコム)もあるので早めの返済で銀行カードローンよりも利息が少なくなりますよ。

パート・アルバイトに最適な低金利カードローン

  1. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円

    パート・アルバイトでも安定収入があれば申込み可能なアコムも知名度の高い安心できるカードローン。与信の少ないパートでも銀行カードローンの保証会社も兼ねる審査能力でしっかり審査してもらえます。
    最大30日金利ゼロサービスもありますので利息も軽減されるのでパートでも安心。職場が休みの際のみ直近の給与明細などで確認を取ってもらう事も可能なのでそういう日でも即日融資可能です。※専業主婦を除く

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

    パート・アルバイトでも安定収入があれば申込み可能でレディースキャッシングも用意されているプロミスはまさにパート主婦のカードローンです。与信の少ないパートでも三井住友銀行カードローン他の保証会社も兼ねる審査能力でしっかり審査してもらえます。
    パートの方には嬉しい>郵送物なし・電話連絡なし誰にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能です。
    初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もありますので利息も軽減されるのでパートでも安心。職場に確認の電話が入るのが嫌な場合は電話以外の確認方法を相談することも可能なので職場の休みの日でも即日融資可能です。

  1. SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円

    SMBCモビットもパート・アルバイトでも安定収入があれば申込めるカードローンです。SMBCモビットにはアコム・プロミスのように無利息サービスはありませんが、その抜群の知名度により利用者も多く居ます。
    また申し込みの際の入力フォームでの項目の少なさからもスピーディーに申し込みができます。ただしWEBからだけで融資まで完結可能な人気の『WEB完結』は、正社員じゃないと申込めない為、パート主婦では利用できません

パートで収入が足らなかったり収入のない専業主婦はどうすればいいの?

パートで収入が足らなかったり収入のない専業主婦は基本的にカードローンには申込めません。特に総量規制の対象である消費者金融等の貸金業者では、専業主婦は申込めなくなっています。

正確には総量規制には”例外”というものが存在し、その中の”配偶者貸付”というものを貸金業者が適用した商品なら法律的には専業主婦でも申込可能なのです。この配偶者貸付とは、

 

収入のある配偶者と年収・借入残高を合算して審査をしてもいいという例外規定です。つまり配偶者の収入と借入残高で審査してもらえるのです。


しかしこの商品の例外規定を適用するには、

 

  • 配偶者の借入に対する同意書
  • 夫婦関係証明書類(住民票など)

を貸金業者が回収しなければならず、貸し付ける金額によっては配偶者の収入証明書も必要になってきます。ですので、配偶者の借入に対する同意書が必要な時点で、

 

旦那に内緒で申込む事は不可能になってしまいます。


主婦がカードローンに申込むのにこの『旦那に内緒で申込む』ということは非常に重要で、旦那にバレてしまう申込となると、その需要は一気になくなってしまいます。

そりゃそうです。旦那にバレてもいいのなら、旦那に申込んでもらって借りればいいだけのことですから。ですから、

 

貸金業者でこの需要のない配偶者貸付を適用した商品を持つ業者は殆どありません。


なので収入のない専業主婦は消費者金融を含む貸金業者に申込む事はできないのです。ならば銀行法で規制される銀行カードローンはどうなのかというと、

 

以前は専業主婦でも申込める銀行カードローンがあったのですが、金融庁の規制が銀行カードローンにしかれている現在では専業主婦の申し込めるところはありません。


収入のない専業主婦には旦那に内緒で借りるのは難しくなってきています。もちろんパートで安定収入があれば、主婦でも消費者金融に申し込む事が出来ますのでこの限りではありません。

パートの方がカードローンで即日融資を受けるには?

安定収入があればパートでもカードローンに申込めますが、即日融資となるとやはり大手消費者金融が銀行カードローンを大きく上回ります。銀行カードローンでは、

 

  • 2017年銀行カードローンの自主規制により与信の少ないパートへの申込み制限が厳しくなった
  • 振込融資サービスを実施している銀行カードローンは極わずか
  • 振込融資可能時間が少ない
  • カード発行機を持っておらず申込日のカード発行が不可能

と、少しの金利差では到底逆転できないほどのサービス差が大手消費者金融とはあります。そもそも申し込みが厳しければサービスの差以前の問題になりますが。ですのでパートの方がカードローンでの即日融資の可能性を知るには、大手消費者金融の即日融資状況を検証しなければなりません。

パートの方がカードローンでの即日融資の可能性が高い大手消費者金融の即日融資状況を検証

銀行カードローンでは即日融資の方法はあまりありませんが、大手消費者金融では、

 

  • 振込融資による各金融機関への振込が可能
  • カード発行機による申込日のカード発行で即日融資が可能

この二つの手段があります。特に振込融資は場所関係なくWEB完結するので、忙しい場合でもスマホ一つで融資まで可能なのでしっかりチェックしておかなければなりません。

24時間365日最短10秒で振込融資可能なプロミスの瞬フリはパートの即日融資に要チェック!

プロミスには瞬フリという振込サービスがありますので、パートの方も24時間365日最短10秒で振込融資を受けることが可能になります。その条件とは、

 

  • 三井住友銀行の口座
  • ジャパンネット銀行の口座

このどちらかの口座であれば、登録する事で瞬フリを利用することができます。


なので三井住友銀行・ジャパンネット銀行のどちらかの口座を持っていれば、振込融資可能時間を過ぎても、土日祝日でも最短即日振込がWEB完結で可能です。振込融資の時間や曜日の制限は金融機関の営業日によるものです。これが関係なく振込融資が可能となるのは、パートの即日融資にとってもかなりのアドバンテージとなります。

瞬フリ対応口座以外の即日振込は、金融機関の営業日によって時間や曜日が制限されることとなります。まず金融機関の休業日である土日祝日は振込融資は不可能となります。平日でも金融機関の振込可能時間は15:00までなので、その時間までに振込可能時間という制限があります。

 

ただし、全銀システムの稼働時間拡大で約500の金融機関で、平日夜間・土日祝日の即時入金が可能となった為、銀行間のしがらみのない大手消費者金融では、即時振り込みサービスの幅が広がっています。


大手消費者金融の即日振込可能時間
即日振込可能時間 申込
プロミス 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大(対応金融機関はプロミスホームページで確認) 申込
アコム 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大(対応金融機関はアコムホームページで確認) 申込
SMBCモビット 全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大※(対応金融機関はSMBCモビットホームページで確認) 申込

※SMBCモビットの即日融資は時間・曜日によって不可能な場合があります。

即日振込の可能時間外や土日祝日の即日融資の状況を検証

即日振込の可能時間外や土日祝日の即日融資は、他ならぬカード発行機による即日カード発行しか手段はありません。そうなるともちろんカード発行機を持たない銀行カードローンでは即日融資は不可能となります。

ただカード発行機があればそれでいいのかということになるとそうではありません。審査が完了しなければカード発行はできませんし、カード発行機の営業時間もあります。ですので、

 

ネット申込み・審査後にカード発行機の営業時間内に行けるところにあるのかどうかということが重要になります。


それはどういう風に見分けるかというと、カード発行機が多ければ多いほど知覚にある可能性が高いということになります。カード発行機がある店舗数を知ることができれば、より即日カード発行できる可能性の高い大手消費者金融が分かります。

大手消費者金融のカード発行機がある店舗数

設置店舗数 申込
プロミス 約1,700台 申込
アコム 約1,041台(平成30年4月現在) 申込
SMBCモビット 約435台 申込

専業主婦に配慮した例外枠が配偶者貸付だが現実は?

2010年に施行された総量規制は、消費者金融業者や信販会社などの貸金業者が利用者にお金を貸し出す際に、その人の年収の3分の1までの金額に制限されるというものです。

総量規制が導入される以前、利用者が多額のお金を借り入れ、高い金利も相まって返済が困難となって破産をしたり、最悪の選択をするケースが多くありました。こうしたことを未然に防いでいくために借り入れ額を制限し、上限金利を引き下げることによって返済できる範囲内で借り入れを行えるようにした決まりになります。しかし総量規制により、

 

収入がない無職の人やパートやアルバイトをしていない専業主婦などが、貸金業者から借金をすることができなくなってしまいました。


お金を借りる目的は娯楽使用に限ったものではなく、生活をしていくためにやむを得ずということもあります。そこで総量規制施行以降、

 

急に借り入れができなくなって生活が立ち行かなくなってしまうかたが出てきてしまうことに配慮し、設けられた例外が専業主婦に対する配偶者貸付制度です。


配偶者に収入があれば、それに応じた範囲内で専業主婦でも借り入れの申し込みができるようになっています。

 

配偶者貸付で借り入れ可能となる枠は、夫婦の年収を合算した額の3分の1までですので、利用者が専業主婦の場合は夫の年収で上限が決まります。


貸金業者が配偶者貸付を利用して専業主婦に貸付する際には、

 

  • 住民票や戸籍謄本といった夫婦関係を証明する公的証明書類
  • 配偶者(夫)が借入申込に同意し信用情報などを照会することに承諾した旨が書かれた同意書
  • 夫の収入を証明する書類(借入金額による)

などを申し込みをする専業主婦に提出してもらう事がが必要になってきます。

 

そのため夫に内緒でお金を借りることは不可能になってしまいますので、申込もうという専業主婦の需要がなくなってしまいますので、配偶者貸付を適用していない貸金業者が大半になっているのが現状です。


配偶者の同意が得られるのであれば、わざわざ専業主婦で申込まなくても収入のある夫に申し込んでもらったほうが早いですし、借りれる金額も変わってきます。

またカードローンでは利用者の返済能力を考えた際に、契約者本人に安定した収入があるほうが安心して貸し付けを行えることができるという点は考慮しておく必要があります。きちんと返済してもらうことができると判断した相手にのみ貸し出しを行いたいからと、そもそも配偶者貸付自体に対応している業者がそれほど多くはないのです。

そのため、利用を考えている際には信用できる業者を慎重に選んで申し込みをしなければなりません。また総量規制はあくまでも貸金業法の決まりごとですから、金融機関である銀行は対象外となります。

ですので、専業主婦の場合には総量規制施行以降、収入がなくても審査を受けられる銀行カードローンを利用するかたが増えてきました。借り入れ上限は低くなりますが、銀行カードローンの場合は配偶者の同意書や収入証明書は必要なく審査を受けることが可能ですので、誰にも言わずに借り入れができます。こうした点も考えつつ、利用しやすい借入先を選択していくことが大切です。

無収入の専業主婦とパートで安定収入のある主婦の消費者金融のカードローンの対応の違い

消費者金融は総量規制の対象になりますので専業主婦の場合、

 

旦那の借入と専業借入を足した金額が旦那の収入と専業主婦の収入(無収入)を足した金額の1/3以内であれば貸付可能


と貸金業法上(配偶者貸付)なっていますが実際は、

 

専業主婦の申込を断っていることがほとんどです。


しかし総量規制対象外である銀行のカードローンでは貸金業法上申込可能でした。しかし無収入となると実際の審査は厳しくとても審査に通る状況ではありません。

銀行側のリスクを少なくした、低額の専業主婦専用借入枠を設定した銀行のカードローンは以前はあり、

 

  • 銀行のカードローンなので低金利
  • 低額借入枠なので収入証明も不要なので旦那に内緒で借りれる
  • 無職なので在籍確認の電話もなし

と、通常カードローンなら必要な面倒な確認事項もありませんでした。しかし残念ながら現在では金融庁の規制が銀行カードローンに入り、収入のない専業主婦では銀行カードローンに申し込めなくなりました


ですので、パートで安定収入のある主婦なら申込める『大手消費者金融のカードローン』に利便性がいっそう引き立ち、パート主婦の利用者も急増している状態になっています。

パート主婦も知っておこう!専業主婦の医療費控除は配偶者と合算で計算する

サラリーマンは会社で年末調整をしてくれるので、確定申告には無関心でしたが、近年少しでも節税しようと確定申告をする人が増えています。移送が強いサラリーマンではその作業をパートで時間のある主婦におまかせしている場合も多く、その代表的な節税が、

 

  • 住宅ローン減税
  • 共に医療費控除を受けるための申告

です。医療費控除は本人、家族の合計で申告できますので専業主婦も配偶者を通して申告できるということです。医療費控除を受けられるのは医療機関に支払った医療費の他に入院、通院にかかった交通費、ドラッグストアで購入した風邪薬、胃腸薬なども対象になります。計算は

 

医療費合計額から保険などで補填された金額と10万円を引いた額が控除額になります。所得税率10%、控除額20万円ならば還付額は2万円になります。


医療費控除をするとその後計算される住民税の控除も申告ナシで受けられるためダブルで減税になります。初めて申告する場合は難しそうですが、以前のように税務署に行って確定申告書を受取り申告しなくてもインターネットで出来ます

。国税庁のHPから入り必要事項を入力すれば自動計算で還付額が計算されます。インターネットでそのまま申告するには登録が必要ですが、プリントアウトして税務署へ持参して申告することも出来ます。

申告には領収書の他、会社から受け取る源泉徴収票も必要ですので用意しましょう。1年分の医療費の計算は面倒ですが、住民税も控除されるので是非還付申告をしましょう。

普段の医療費も積み重なると意外に高額になりますが、歯の治療やレーシックで眼の治療をすると高額医療費を支払うことがありますので、こんな場合は申告すると還付額もおおくなります。わずかな還付額と思わずに税金の勉強にもなりますので申告してみてください。

パート・アルバイトのカードローンQ&A

カードローンを利用しようと考えています。現在私の収入はパートをしており、昨年度の年収で120万円ほどでした。

決して金額的には多くないことは自覚していますが、急ぎで130万円ほど必要な事態になっており、カードローンの利用を考えています。銀行のカードローンを利用しようと思って仮審査に申し込んだのですが、審査が通らずに断られてしまいました。

そこで相談なのですが、銀行ではなく民間の消費者金融などで融資を申し込んだ場合、だいたいどれぐらいまで借り入れることができるのでしょうか。やはり、パートやアルバイトという立場で100万円以上借りることはできないのでしょうか。

まず、130万円借り入れることはおそらく不可能と思います。ただしそれは、質問者様がパートで収入を得ているからというわけではなく、「総量規制」という法律が影響しています。

総量規制とは、その名の通りキャッシングの際に借入できる総額を規制した法律で、それによると年収の3分の1までが、借り入れできる上限という規定があります。これまで全く借入を受けたことがなかったとしても、質問者様の場合だと年収が120万円なので上限は40万円ということになります。

もちろんいきなり40万円まで融資が受けられるということではなく、最初の段階では10万円ぐらいからスタートし、それから返済実績を積み上げて40万円まで段階的に上がるといった場合がほとんどです。これは仮に正社員で勤務していたとしても、「総量規制」という法律がある以上はなかなか100万円以上の融資を受けることは難しいと思われます。

仮に130万円融資してくれるといった業者がいたとすれば、それは違法な業者ですので利用しないことをおすすめします。

どうしても130万円必要ということであれば、まずは親族の方に相談してみてはいかがでしょうか。いずれにしても、一般的な金融機関から130万円借りることはまず不可能なので、とりあえず親族に相談してみましょう。

 

しかし、パート・アルバイトでは借入枠はあまり出ませんのでブライダルローンのような高額の目的ローンはおりないと考えた方がいいでしょう。


クレジットカードの審査について質問です。私は現在専業主婦ですが、主人に黙って消費者金融から融資を受けています。

金額は100万円ほどで、その利用目的は株などの資産運用です。返済予定は今年の夏までには全額完済しようと考えており、これまでの返済についても滞納などはなく問題はないと思っています。

先日、クレジットカードを作ろうと思って申し込んだのですが審査に通らずに発行できませんでした。ここで相談なのですが、たとえば私ではなく主人がクレジットカードの審査に申し込んだ場合はどうなのでしょうか。

妻である私が消費者金融から融資を受けていることが影響して審査に通らないといった可能性はありますか。申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

あくまでも一般的なお話ですが、カードを作るのがご主人様であれば、奥様である質問者様の借入はそれほど影響しないのではないでしょうか。

質問者様がクレジットカードの審査に通らなかったのは、おそらく収入を得ていないことと、消費者金融から融資を受けていることが関係していると思います。

自身で収入を得ていないことはそれほどクレジットカードには影響しないと思いますが、借入があるというのはかなりのマイナスとなると考えられますので、おそらくそれが理由でクレジットカードの審査に通らなかったのでしょう。

ただし、それはあくまでも質問者様本人の話であって、ご主人様の問題ではありません。

そのため、もしもご主人様がクレジットカードの審査に通らなかったとしてもそれは質問者様に借入があるからではなく、何か別の要因があると考えて構いません。

たとえば「総量規制」という法律がありますが、これは融資を受ける金額についてその総額を定めたもので、もしご主人様がその規定にからんでしまうとクレジットカードを作ることができない可能性はあります。

ただし、それは質問者様の責任ではありませんので、ご主人様がカードを作れなかったとしても、そのことに対して心配する必要はないでしょう。

 

借入枠が少ないといっても銀行のカードローンですから専業主婦の周辺(もちろん旦那も)の調査はされます。旦那が保証人になるわけではないのですが、旦那が借入で焦げ付いている方に銀行は貸したりはしません。

何もなければ専業主婦の借入枠で借りればいのですが、そんな窮地に陥った主婦の方でもお金を借りることができます。一定の収入があれば低金利の消費者金融アコム・プロミスでは申込可能ですので審査もしっかりしてくれるので安心です。


主婦のパートに関する労働基準の確認は:厚生労働省パート主婦キャッシング

パートでカードローンに申込んだ方の体験談

パートの即日融資でお肌ケア

 

最近よく私は、お肌の状態がよくありません。シミとそばかすが気になっていて、この頃はファンデーションで隠す事ばかりを頑張っています。だから、素肌がきれいになれるような努力をしていかなくてはいけないなと感じているのです。もちろんお肌のケアはそう簡単なものではありません。

だから、頑張ってお肌のケアをしていけるようになれればいいのかなと考えているのです。ファンデーションばかりで隠すのは嫌なので、私もこれからお肌をきれいにしていく事を考えたいです。

お肌のケアの方法としては、エステや美顔器などお金がかかるような部分があったりします。それでも、お肌は気になるのでパートを始めてからカードローンで即日融資を利用していくのもいいのかなと感じています。

ローンをすれば、高額なものでもちょっと利用もしやすいので、これから考えていこうと思います。できるだけお肌に効果があるようなものを使っていけるようになれればいいのかなと感じています。お肌の事をしっかりと考えたいです。


パートの収入だけというのは苦しい

 

パートをしていても、なかなか欲しい物も思うように購入ができません。だから、主婦というのは苦しいなと思ったりしてしまいます。仕事をしていた時は、結構自分が欲しいものを購入できていました。でも、子供にもお金がかかってきてしまうので、自分のものを購入をするのがなかなかになってしまうのです。

だから、主婦は辛いなと思うような事が多くなっているのです。最近では、おこずかいもあまりない自分にストレスを感じるようになっているのです。なので、パート収入でお金を借りるような事ができるのかなと感じています。お金を借りて少し欲しいものを購入できればうれしいなと考えているのです。

また、返済もあるので、そこ変を頭にちゃんと入れて、これからローンを使えていけたらいいです。やはり、洋服など欲しいものがたくさんあるのです。旦那さんにも、相談をしにくい部分があったりするので、パートでもローンが利用できればいいのかなと考えています。


主婦の家計のやりくりは談なの稼ぎとパート収入だけでは難しい

 

あの頃は、家計もちょっと苦しくなっていて、私は旦那さんに相談をする事ができない状態になっていました。やはり、家計の事は任せられているので、そこでちょっと旦那さんに言う事ができたいのです。

でも家計が苦しいのは現実なので、 カードローンを申込むことも考えるようになり、主婦でもお金を借りれるところを探し始めました。ちょっと一時期な所もあったりるすので、これから考えてみるのもいいかもしれません。

カードローンでちゃんと、借りれるようになれたら、家計も少し助けてもらえる事ができると思います。返済を頭に入れながらも、これから頑張ってみようと思います。私も収入は少ないながらパートをしているので、少しの間とりあえずは申込めたプロミスのカードローンに頼ってみようと思います。生活をするのは、本当に大変なものだなと感じます。

母もよくお金がないなんて話をしていたのですが、そこの気持ちがわかったような気がします。ちゃんとこれからしっかりとお金がないなんて言う事がないように、節約もしていかなくてはいけないなと思います。