パート収入でレイクに申込む場合は注意しなければならないことが二点あります。


レイクを含む銀行カードローン現在一斉に与信の低い方の申込は自主規制の傾向がある

レイクは総量規制に抵触しないよう新生銀行カードローンとして、消費者金融では貸せない年収の1/3を超えた額も集客して貸付残高を伸ばしてきました。

しかしながら近年、総量規制以降減少の一途を辿っていた自己破産者の数が、増加に転換した事により金融庁がその責任が銀行カードローンにあると定めメスを入れました。

実は総量規制以降、銀行カードローンの貸付残高は占有率を年々高めており、現在では消費者金融を含む貸し金業者の二倍ほどもありますので、金融庁から御用ということになったのです。

貸金業者のように規制されることを嫌った全銀連は、自主的に与信の低い方への貸出を控える事で金融庁と折り合いをつけました。具体的に与信の低い方と言うには、

 

  • 既に複数・多額の借入をしている方
  • 収入のない専業主婦の方
  • パートやアルバイトなどの低所得の方

要はおまとめローンや専業主婦への貸出、パート・アルバイトへの貸出を自主規制することになったのです。メガバンクをはじめとする銀行で構成された全銀連の取り決めには、メガバンクはもちろん全ての項目で自主規制しています。

地方銀行の新生銀行のレイクでは、重要度の高いおまとめローンはそもそも用意はなく、専業主婦とパート・アルバイトは一応受け付けて入るようです。

しかし新生銀行としても、全銀連で決まった事に反して大手を振ってパート・アルバイトを集客するわけには行きませんので、審査は厳しいものとなるはずです。

全ての銀行で即日融資は不可能になりレイクでも即日融資不可能

全銀連と折り合いを付けた金融庁は、まだもう一つ消費者の借りすぎを助長するものとして、

 

即日融資が安易に消費者に借りさせるものとして銀行カードローンへの廃止を目論んでいました。


ここは金融庁は手を下し、銀行からの借り入れが反社会勢力の資金源とならないように、警察庁のデータベースと照合させる事を義務付け、その参照時間で審査を遅らせて即日融資が不可能になるようにしました。よって、なるべくカードローンで借りたくはなく、

 

必要ギリギリまで待ってお金の必要な日に申込んでくるパートの方の需要には応えられなくなったのです。


パートをしている方には今すぐの需要に応えられない事は死活問題です。ですのでレイクに申込みたいパートの方には、

 

  • 金利もレイクより低い
  • 無利息サービスもある(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)
  • もちろん即日融資のサービスが充実している

プロミスがおすすめです。


パートの方にはレイクより断然有利なプロミスがおすすめです

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

  1. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円