パートをしていない専業主婦がお金を借りるには?

誰でも手軽にお金を借りることができるカードローンですが、実際には誰でもというわけにはいきません。特に消費者金融の場合は融資を申し込むにあたっては総量規制がありますので、

 

毎月安定した収入を得ていることが条件


となっていますので、収入を得ていない専業主婦の場合はそもそも融資を申し込むことができなくなっています。専業主婦の場合はどうしても外に働きに出ていないため、個人的な収入を得ていないことから、収入の金額が融資を行うための条件となっているところからは融資を受けることができません。

従って、専業主婦がお金を借りるための選択肢については、総量規制にの対象外の銀行カードローンも申込めなくなったので、配偶者貸付を実施している貸金業者のみとかなり限定的となります。

パートをしていない専業主婦が消費者金融を利用するには?

お金を借りるための選択肢としてまず考えるのは、プロミスやアコムといったいわゆる大手消費者金融業者ではないでしょうか。確かにこうしたところは、即日融資に代表される利便性の高さに加えて、融資を申し込む際の便利さなどからお金を借りるための候補として最初に考える人も多いようです。

ただし、消費者金融の場合は冒頭で説明したとおり、融資を申し込むための条件として毎月安定した収入を得ていることが挙げられており、専業主婦の場合はお金を借りることはできません。

 

消費者金融業者の中には専業主婦は不可と最初の段階で断っているケースがほとんど


ですので、このことからも消費者金融でお金を借りることはまず不可能と考えておいた方が良いでしょう。

裏技などを使って消費者金融からお金を借りたという専業主婦もいるかもしれませんが、こうした裏技を使うくらいなら消費者金融以外の選択肢を考えた方がはるかに安全です。

パートをしていない専業主婦が消費者金融を利用できない理由

消費者金融は融資を行うにあたって総量規制の影響を受けます。この総量規制の規定では、

 

融資を行うことができる金額については年収の3分の1までと定められています


ので、それを超えて融資を受けることはできなくなっています。そもそも専業主婦の場合は年収も0円ですので消費者金融から借りることができる金額もそれに応じたものとなります。また、総量規制については例外規定があり配偶者に収入があればその事実と配偶者との婚姻関係を証明することができれば専業主婦でも利用することができます。

ただし、そのために用意しなければならない書類が多いこと等手続きについては複雑なものとなることからほとんどの消費者金融業者では専業主婦は融資不可となっています。