主婦がキャッシングを利用する場合、同時に考えておきたいのが返済計画です。キャッシングで借入を受けることそのものは即日融資が可能なところを含めてそれほど時間はかかりませんが、その後の返済についてはどうしても時間がかかります。

 

実際に返済できるかしら・・・


そのため、融資を受けた後の返済計画についても考えておかなければズルズルと返済期間だけが長引いていくことになってしまいます。ここでは主婦がキャッシングを受けた後の返済計画について考えてみたのですが、主に返済計画の立て方としては

 

  • 返済する期間から決める方法
  • 毎月の返済額から決める方法

とがあります。例えば後者である毎月の返済額から決める方法の場合、毎月支払うことができる金額をまずは設定し、その金額を返済し続けると完済するのはいつ頃か、ということを考える方法です。

主婦の返済計画は返済する期間から決める方法がおすすめ

但し、主婦の場合はこの方法ではなく前者の返済期間から決めるという方法がおすすめです。返済期間から決める方法というのは、事前にいつまでに返済を終えるという期間を設定したうえでそのためには毎月いくら返済しなければならないかを決める方法です。

 

1年返済だと毎月の返済額は幾らになるかしら・・・


この方法のメリットは、この時期がきたら返済が終わっているというゴールが決まっているため精神的なゆとりがでてくるという点にあります。また、自分でゴールを決めることができますので、例えば家族が進学したり結婚したりといった

 

人生の節目にあわせて返済を終えるといった設定も可能です。


返済を終える期間を設定した後は、そのために必要な毎月の返済額を決めることになりますが、ここで注意したいのが決めたゴールよりも早く終わらせようとしないことです。毎月の返済額に加えて随時返済をすれば確かに返済期間を短くすることはできますが、

 

無理に期間を短縮することもないかなぁ・・・


返済の基本はあくまでも無理をしない、という点にあります。少しでも早く返済を終わらせようと無理をするとその後の返済にも影響がでてくる可能性がありますので、決して無理をしないことが重要です。