インターネットの普及した現在では多くのカードローン業者で来店不要で申し込みができる仕組みが整備されています。業者によっては、一度も来店することなく即日融資が可能なところもあるほどで、通信技術の進歩に伴って様々な効果的なサービスが受けられるようになったといえるでしょう。

ただし、これには条件があります。ひとつはそのカードローン業者の審査基準に合致している人であることです。これはある意味大前提ともいえることで、いくら来店不要での即日融資に対応している業者であっても審査に通らない人に融資を行うわけではありません。

また、審査を行う以前に融資対象ではない人というものもいます。消費者金融業者にとっては、仕事をしていない人や未成年者がそれにあたります。専業主婦の場合は仕事をしていないため個人的な収入はありません。そのため、来店不要での融資に対応している消費者金融であっても

 

専業主婦の場合は即日融資を受けることはできないというのが現状です。


というよりも、即日融資以前に収入のない専業主婦の場合は消費者金融の利用ができないということになります。では専業主婦は来店不要で即日融資を受けることはできないのかといえば、方法は無いわけではありません。

以前は収入のない専業主婦でも、専用の小額の借入枠を設けて申し込みができる銀行カードローンが多数あったのですが、現在では状況は変わってきています。

以前は専業主婦も申込対象だった銀行カードローンが軒並み申込不可能になった訳

消費者金融の貸し過ぎを抑制する為に、金融庁は貸金業法の改正を行い、総量規制も施行しました。その結果、

 

年々自己破産者は減少の一途を辿っていき、金融庁の政策は成功したかのように思われました。


しかしイタチごっこは続くもので、消費者金融等の貸金業者が年収の1/3以上貸せなくなれば、今度は銀行が貸し過ぎの状態になってしまい、ここ近年減少の一途だった自己破産者数が、増加に転じてしまったのです。

このことに危機感を感じた金融庁は、銀行を規制する為に調査などを開始しましたが、

 

規制を嫌がった銀行がまず与信の低い方への貸し出しを自主規制しだしたのです。その中に収入のない専業主婦や複数借入のある方に対するおまとめローンが含まれているのです。


これは全銀連によって決められたことですので、メガバンクは軒並み

 

  • 専業主婦の申し込みの自主規制
  • おまとめローンの申し込みの自主規制
  • 学生への申し込みの自主規制
  • アルバイト・パートへの申し込みの自主規制

を実施しています。その他の銀行も専業主婦の申し込みとおまとめローンの申し込みは大抵自主規制していますので、

 

専業主婦の申し込みができる銀行カードローンはほとんどありません。


しかし編集部では、僅かながら専業主婦でも申込める地方銀行を見つけました。それは、

 

スルガ銀行カードローン『リザーブドプラン』です。


 

現在スルガ銀行カードローン『リザーブドプラン』でも申込めなくなりました。申込条件は『ご契約時の年齢が20歳以上70歳以下で、安定した収入のある方』ということになっていますのd江収入のない方は申込めません。


今年(2018年)からは銀行カードローンでは即日融資も不可能になってしまいました。なぜなら銀行カードローンは全て警視庁の反社会的勢力のデータベースを参照して審査しなければならなくなったからです。

一応2018年1月からといわれていましたが、その通り実行された形になります。