総量規制とは、年収の1/3までしか借入ができないようにすることで、多重債務に苦しむ人が増えないようにするため、2010年にできた法律です。


今までキャッシング会社で借入ができた主婦が、急に借入ができなくなったのはこのためです。但し、住宅ローンや自動車ローンなどの高額なローンを組む場合(銀行からの借入)などは、総量規制の対象外となります。

働いていない専業主婦の場合は、収入がないので、キャッシング会社(貸金業者)での借り入れはできません。キャッシング会社では、安定した収入があることが申し込みの必須条件だからです。

正確に言うと貸金業法の中の配偶者貸付という項目がありこれは、

 

配偶者の収入と借り入れを合算して年収の1/まで借りることが出来るということになっています。


ただし貸金業者がこの配偶者貸付を適用して収入のない主婦に貸し付けるには、

 

  • 配偶者との婚姻関係を証明できるものの提出してもらわなくてはいけない
  • 配偶者の借り入れに対する同意書を提出してもらわなくてはいけない

ですので、需要がないというよりかはこれなら旦那さんが申込んだ方が早くなり、旦那さんに内緒で借りたい主婦には意味がなくなってしまいますので、配偶者貸付を適用させている貸金業者はほとんどありません。

ただし主婦でもパートなどの収入があれば、キャッシング会社(貸金業者)で借入をすることは可能です。ですが、学生がキャッシング会社で借りれをして、10万円くらいしか借入ができないのと同じくらいしか借入ができません。

以前は総量規制の対象外である銀行で、専業主婦の申込みを受け付けているところがありましたが、自己破産者が多くなってきているのは銀行の貸し過ぎが原因と断定した金融庁が調査し、銀行の自主規制が始まり、2018年には新しく銀行の貸付を規制する法律ができる見込みになっています。

 

このことにより現在銀行で収入のない専業主婦に貸してくれるところはほとんどなく、来年には皆無になると言われています。


ですのでこれから収入のない専業主婦の受入をどこがするのか?金融庁はその受け皿を作るのか?という問題が出てくることは間違いありません。

収入のある主婦といっても、自宅でネットオークションや、手作りの小物などを販売して収入を得ている人も多くいると思います。しかし、無職扱いになってしまうため、思うように自分の仕事を大きくすることできず困っている主婦もいます。

旦那に内緒で遊び代を借りたいと言う方を救済する必要はありませんが、こういった主婦に対しての融資をどうするのかという世論が出てきてもおかしくはないのです。

配偶者貸付とは?:配偶者の同意書、住民票又は戸籍謄本、配偶者の収入を証明する源泉徴収票など提出書類が多い割りに、借入可能額は、世帯年収の1/3となります。更に、夫が借入をしている場合は、もっと少ない借入金となります。配偶者の同意を得ることができれば、隠し事をせずに堂々と借入ができると考えることもできます。実際には、配偶者貸付を利用して借入をしたい、と考える主婦は少ないのが現状です。