実は専業主婦であっても消費者金融等の貸金業者に申込める?

個人的な収入を得ていない専業主婦の場合、総量規制の適用を受ける消費者金融では融資を受けることができません。

ただし、これは正確には誤りであり、法律的には総量規制が適用される消費者金融であっても、配偶者貸付という仕組みを利用すれば専業主婦であっても融資を受けることができます。

しかし、多くの消費者金融業者はこの配偶者貸付に対応しておらず、結果的に融資を受けるための条件として毎月安定した収入を得ている人、というものが設定されています。

 

そのため、毎月安定した収入を得ていない専業主婦の人はこのような条件が設定されている消費者金融を利用してお金を借りることができないのです。


ではなぜ消費者金融業者の多くは、この配偶者貸付を利用してお金を借りることができないのでしょうか。

一言で言ってしまうと、消費者金融業者にとってメリットが少ないからです。まず、配偶者貸付を利用するためには申し込んだ人が様々な書類を用意しなければならないという条件があります。

 

配偶者貸付を利用するうえで必要なのは、配偶者が安定した収入を得ているということなのですが、その配偶者との婚姻関係を証明する書類を用意しなければなりません。


また、それに加えて配偶者の同意書も用意しなければならないということであり、消費者金融業者側はこれらの書類について確認を行う必要があります。当然ながら配偶者の安定した収入についても審査で判断しなければなりません。

そこまでやったうえで融資を行う相手は、個人的には収入を得ていない専業主婦ですので、返済能力についてはかなり不安な状態です。

そのため、融資可能な金額についても高額の融資は事実上できないということになり、結果的に得られる利益も少なくなります。

審査にかかるコストは大きくなるものの、そこまでのコストをかけて得られる利益というものがあまり期待できない、ということであれば消費者金融業者にとっても専業主婦を最初から融資対象としない方がメリットがある、というわけです。