キャッシング業者にとっては、主婦であってもなくても融資を行った金額に対して返済ができるかどうかという点を重要視します。毎月安定した収入があれば主婦であっても融資を受けることができるのがキャッシングというものですが、

 

主婦という立場はひとつのカテゴリーとして考えられる


ことが多いものです。キャッシング業者からすれば確実に返済をしてもらうことができれば主婦という立場はそれほど重要ではないように思われがちですが、実は主婦という立場がカテゴライズされているのは、主婦の持つ特殊性が考えられます。

主婦の持つアドバンテージとは?

まず、主婦という立場は結婚して配偶者がいるという点が大きな特徴です。銀行カードローンでは配偶者の収入をもとに融資を受けることができるようになっていますが、この点も結婚しているということがひとつのアドバンテージとなっているといえます。

 

パートをしている主婦なら消費者金融の利用が可能なのは何故かなぁ・・・


消費者金融では、総量規制の関係から結婚していても配偶者の収入をもとに融資を受けることはできませんが、審査においてはその点についてもある程度は考慮される可能性があります。もしも主婦が返済に行き詰まった場合には

 

配偶者に何らかの援助をしてもらえる可能性がある


為であり、結婚をしていない人の場合は援助を受けることが難しいためです。

未婚女性との評価の違いは?

先述の通りキャッシング業者にとっては、融資を行った金額に対して返済を確実に行える人に対して融資を行うといった判断をしますので、主婦であってもなくてもその点がクリアできれば特に問題はありません。

それでも、主婦という立場は結婚して配偶者がいることから未婚の女性に比べると審査における評価は高い傾向にあります。更に結婚した主婦というものは責任感という点で考えると他の層に比べるとかなり強い立場といえますので、融資を行った場合の

 

返済の確実性についても評価されることがあります。


こうした背景もあり、キャッシング業者にとっては主婦というのはひとつのカテゴリーとして特殊な立場と認識しているといえます。