私も離婚した元夫から、

 

俺がしっかり稼ぐから、お前は家のことをやってればいい。


位の事を言ってもらいたかった。でも結婚前、同じ会社で働いていた私たち。お給料は私の方が良かったのです。それを知ってか、元夫は最初から私の懐を当てにしている感じがあり、プロポーズしてきたときも貯金など全然ない状態でした。

結婚してすぐ子供ができたので、わたしは子供が幼稚園に上がるまでは仕事をせず、貧乏ながらもなんとか苦労して節約を重ねて過ごしました。もう働かざるを得ない状況だったのです。家計はひっ迫していました。元夫は私と結婚してから転職を繰り返し、失業中に家でごろごろしているのを見ると、私のイライラは限界を超え、喧嘩になりました。

元夫の育った家庭環境も彼の考え方に影響していると思います。彼の家庭はそこそこ裕福な方で、お金に困ったことはないはずです。それでも彼のお母さんは何かしらパートを昔からしていて、ちょっと働いては旅行など自分の楽しみに使うお小遣い稼ぎをせずにいられないたち。

彼は小さいころからそんな母親を目の当たりにしていて、母親が働くのは当たり前、そして母親の稼ぎは母親の楽しみに消えるもの、という考えが染み込んでしまったようです。だから私が働くことには大賛成。働いてほしくてしょうがなかったと思います。最初は、

 

お前の気分転換になって、いいんじゃない?


とかきれいごとを言っていましたが、また彼が職を失い、転職するにともない、私もさらに給料のいいところへ働きに行かなくてはならなくなると、生活費をきちんと入れなくなりました。

私は子供との生活を守らなければならないし、これ以上この夫に振り回されるのは沢山だったので、離婚に踏み切りました。世の旦那さん、あんまり女を、奥さんを見くびらない方が、いいですよ。生活の為に働くお母さんは、強いのです。小遣い稼ぎだけしている、何のスキルもない人とは違うんだから。

専業主婦の知恵

専業主婦の私は食費の節約に毎日励み、日用品も代用出来るものは出来るだけ買わないようにして工夫をしたり、我慢もしたりしています。

専業主婦でもスキンケア用品費用を押さえることは難しい

しかし、スキンケア用品を使って肌のお手入れをすることは主婦であっても将来のために欠かすことが出来ないので、費用を押さえることがなかなか難しいです。

1つ買うだけでも千円以上かかり、ラインで揃えると一万円近くかかることもあります。そのため

 

スキンケア用品はポイントサイトを通じて購入しています。


ポイントサイトでは100%還元案件と言って商品を購入するときには一旦お金を支払うのですが、支払いが確認されたら商品代金分をポイントとして付けてくれるのです。この方法を使って普通に購入すると高価なケア用品を無料で手に入れています。

シャンプー・お茶・美容サプリメントなどもこの方法で実質無料で手に入れることができる

他にもシャンプー・お茶・美容サプリメントなどもこの方法で実質無料で手に入れることが出来ています。また通常の半額程で商品が購入でき、ブログで商品を紹介するとポイントが貰えるサイトもあります。

安く購入できる上にポイントも貰えるので、お小遣いが稼げるのです。食品や嗜好品、日用品が主流なので、生活費の節約に繋がっています。お陰で高くつく美容費は0円で、日常費も節約できているため日々のやりくり費は

 

  • 食費
  • 日用品
  • ガソリン
  • 医療費
  • 雑費

を合わせても3万円程度に押さえられています。固定費の家賃、保険料、携帯基本料金も見直しをして安く押さえられたので、一時の努力で、節約を意識しなくても毎月節約が出来ています。

これからも節約法を探究していきどうしても足りない時には専業主婦カードローンを利用したいと思います。